(提供終了)Twitter ConnectorとFacebook Connectorのダウンロード

(提供終了)Twitter ConnectorとFacebook Connectorのダウンロード

Pocket

Twitter Connectorは2015年1月30日をもって、Facebook Connectorは2015年10月15日をもって、提供を終了いたしました。
この記事は履歴として残してありますが、ここに書かれた内容は、現在利用できませんのでご注意ください。


QlikViewはExcel、CSVなどのファイルやデータベースだけでなく、コネクターさえあればソーシャルネットワークなどのデータを取り込むこともできます。
アシストが無償で提供している、Twitter ConnectorとFacebook Connectorを利用すれば、Twitter上の発言や、Facebookページのアクセス情報などをQlikViewで分析できます。
さっそく、コネクターをダウンロードしてみましょう。


コネクターの種類と説明
コネクターのダウンロード

コネクターの種類と説明

アシストが提供しているコネクターには以下の3点があります。
3点ともアシストが独自に開発したもので、無償で提供しています。

QlikView Twitter Connector

ユーザーごとのフォロワー数、ツイート数、ツイート内容、ツイートに対するリプライ/リツイート数などが取得できます。また、キーワード検索も可能であるため、あるキーワードがいまTwitter上で、どの程度話題になっているかも調べられます。

Twitter Connectorは、2015年1月30日をもって提供を終了いたしました。

QlikView Facebook FanPages Connector

Facebookぺージの公開情報を取得できます。
いいね!数、コメント数、コメント内容、ユーザー情報などを取得できます。実名性SNSの特性を活かして、ユーザーの氏名、性別、住所などの情報も取得できるため(もちろんユーザーが公開していればですが)、地域ごと、年代ごと、性別ごとといった切り口で分析ができます。

Facebook FanPages Connectorは、2015年10月15日をもって提供を終了いたしました。

QlikView Facebook Insights Connector

Facebookのアクセス分析機能である「Facebook Insights」の情報を取得して、自身が運営するFacebookページのアクセス解析ができます。
取得できる情報は、自身が運営するFacebookページの情報のみですが、「QlikView Facebook FanPages Connector」よりも多くの情報を取得できます。

Facebook Insights Connectorは、2015年10月15日をもって提供を終了いたしました。

FanPages Connectorは、公開されているFacebookページの情報を取得できるため、一般的なFacebookページの分析に利用できます。たとえば、あるページと別のページ間で、”いいね!”数を比較したり、ユーザー層(地域、年齢、性別など)を比較したりできます。
これに対して、Insights Connectorは、自身の運営するFacebookページの詳細なアクセス解析に利用できます。


コネクターのダウンロード

※これらのコネクターは64bit版のQlikViewでは動作しません。
32bit版をお持ちでない方は、以下のページからQlikView Personal Edition 32bit版をダウンロードしてください。
QlikView Personal Editionのダウンロード


QlikView Twitter Connector ダウンロード
Twitter Connectorは、2015年1月30日をもって提供を終了いたしました。

QlikView Facebook FanPages Connector ダウンロード
Facebook FanPages Connectorは、2015年10月15日をもって提供を終了いたしました。

QlikView Facebook Insights Connector ダウンロード
Facebook Insights Connectorは、2015年10月15日をもって提供を終了いたしました。

上記のリンクをクリックすると、以下のようなページが表示されます。
ログインIDをお持ちの方はログインして、ログインIDをお持ちでない方はユーザー情報を登録してください。
qlikview-twitter-connector-download