身近なデータの分析 全国の待機児童数をQlikViewで分析してみよう(後編)

前編につづき、待機児童のデータを分析してみましょう。
前編で作成したチャートに色々な設定を加え、さらに見やすく使いやすいアプリケーションにしていきます。

(続きを読む…)

身近なデータの分析 全国の待機児童数をQlikViewで分析してみよう(前編)

QlikViewの使い方を覚えるには、やはり身近なデータを使って、実際に分析をしてみるのが一番です。
前回は2013年参議院議員選挙の結果を分析してみましたが、今回は全国の待機児童数をはじめ、保育所や育児に関するデータを分析してみましょう。
前回と比べ、あつかうデータ量も多く処理も複雑です。そのためこの記事の対象は、データロードやリストボックスの作成、チャートの作成など、QlikViewの基礎を身につけた方を想定しています。基礎に不安のある方は、事前に他の記事で学んでからこの記事をご覧ください。

(続きを読む…)

データの関連付け

QlikViewでは複数のデータを取り込むと、自動的に関連付けがおこなわれます。
たとえば、以前ご紹介したウィザードを使わないデータの取り込みでも、地区や都道府県のデータが自動で関連付けられたかと思います。
そのためデータを取り込めば、すぐに分析をはじめられる訳ですが、場合によってはこの関連付けが意図したとおりに動作しないことがあります。
ここでは、QlikViewでデータの関連付けを制御する方法について説明いたします。

(続きを読む…)

(提供終了)QlikView Twitter Connectorのインストールと基本的な使い方

Twitter Connectorは、2015年1月30日をもって提供を終了いたしました。
この記事は履歴として残してありますが、ここに書かれた内容は、現在利用できませんのでご注意ください。


アシストが無償で提供している「QlikView Twitter Connector」を利用すれば、Twitter上のフォロワーやツイートに関する情報をQlikViewに取り込んで分析できます。
ここでは、Twitter Connectorの概要とインストール方法について解説します。
インストール後にサンプルアプリケーションを使用して、Twitterの情報をQlikViewに取り込んでみましょう。

(続きを読む…)

身近なデータの分析 参議院議員選挙の結果をQlikViewで分析してみよう

前回までは、QlikViewの基本的な使い方を学んでいただくことを目的にしていましたが、QlikViewの使い方を覚えるには、やはり身近なデータを使って、実際に分析をしてみるのが一番です。
そこで、先日実施された参議院議員選挙の結果を、QlikViewで分析してみましょう。
分析と言っても複雑な数学の知識は必要ありません。普段選挙のときによく聞く、投票者数、投票率などの値を実際に自分で確認してみて、データの特徴を捉えられないか試してみましょう。

(続きを読む…)

データベースからのデータの取り込み

前回、前々回で、ウィザードを使ったアプリケーション作成と、ウィザードを使わずにExcelやCSVからデータを取り込む方法をご紹介しました。
今回はデータベースからデータを取り込んでみましょう。

(続きを読む…)

ウィザードを使わないデータの取り込み

前回はウィザードを使ったアプリケーション作成をご紹介しました。
ウィザードを使えば、データの取り込みからチャート作成まで、ごく簡単な操作で実現できますが、ウィザードには2つ以上のファイルからデータを取り込めない、データベースからデータを取り込めないなどの制限があります。ここではウィザードを使用せずに、データを取り込んでみましょう。

(続きを読む…)

(提供終了)QlikViewの使い方を半日で習得「QlikViewユーザーコース」のご紹介

「QlikViewユーザーコース」は、2015年11月分の開催をもって提供を終了いたしました。
QlikViewをお使いの方はQlikView入門コース、Qlik Senseをお使いの方はQlik Sense入門コースのご受講をご検討ください。


(続きを読む…)

(提供終了)Twitter ConnectorとFacebook Connectorのダウンロード

Twitter Connectorは2015年1月30日をもって、Facebook Connectorは2015年10月15日をもって、提供を終了いたしました。
この記事は履歴として残してありますが、ここに書かれた内容は、現在利用できませんのでご注意ください。


QlikViewはExcel、CSVなどのファイルやデータベースだけでなく、コネクターさえあればソーシャルネットワークなどのデータを取り込むこともできます。
アシストが無償で提供している、Twitter ConnectorとFacebook Connectorを利用すれば、Twitter上の発言や、Facebookページのアクセス情報などをQlikViewで分析できます。
さっそく、コネクターをダウンロードしてみましょう。


(続きを読む…)

最初のアプリケーション作成

さっそくQlikViewでデータの分析をはじめてみましょう。
はじめてQlikViewを使う方のために、ウィザードを使用してExcelのデータをQlikViewに取り込む手順について説明いたします。

(続きを読む…)