平均残業時間、有休取得率、社員の女性比率、女性管理職の割合など、実名入りの企業情報を分析してみよう(2017年3月27日更新)

平均残業時間、有休取得率、社員の女性比率、女性管理職の割合など、実名入りの企業情報を分析してみよう(2017年3月27日更新)

Pocket

平均残業時間は?有休取得率は?女性管理職の割合は?
あなたの身近な企業の情報を分析してみましょう。
先日、厚生労働省が発表した「女性の活躍推進企業データベース」では、今まであまり見られなかった企業の情報が、実名入りで公開されています。
今回、最新のデータを取り込んだExcelファイルと、Qlik Senseのアプリを作成しましたので、ぜひダウンロードして使用してみてください。

2017年3月27日更新 最新のデータに差し替えました。

「女性活躍推進法」の成立を受け、2016年2月29日に厚生労働省から「女性の活躍推進企業データベース」が公開されました。
“女性の活躍推進”という名前ですが、性別に関係ないデータも数多く含まれており、「平均残業時間」「有休取得率」「社員の女性比率」「女性管理職の割合」「育児休業の取得率」「採用における競争倍率」などを、企業の実名入りで確認できます。

いままでこういった企業情報は広く公開されておらず、またあっても上場企業に限定されていましたが、このデータベースには上場企業以外の情報も含まれています。(女性活躍推進法は従業員301名以上の大企業が対象)
実際、どの程度の非上場企業が登録されているかは未確認ですが、取り込んだデータには4,583社分10,666社(2017年3月27日更新)のデータが含まれていました。(日本の上場企業は約3,500社)

弊社、株式会社アシストの情報も公開されていますので、ぜひ一度ご覧ください。
http://www.positive-ryouritsu.jp/positivedb/detail?id=2034
女性労働者の割合や、勤続年数、育児休業の取得率などが公開されていますね。
係長級に占める女性の割合 34.1%(71人)、有休取得率 71.2%などは、平均と比べても高い数値ではないかと思います。



女性の活躍推進企業データベース


出展

「女性の活躍推進企業データベース」(厚生労働省)(http://www.positive-ryouritsu.jp/positivedb/)をもとに、株式会社アシストが作成。

Excelファイルのダウンロード

Excelファイル(xlsx形式)はこちらからダウンロードできます。
josei-no-katsuyakusuishin.xls 最新版 2017年3月27日
josei-no-katsuyakusuishin-20160421.xlsx 旧版 2016年4月21日

「出典」のシートは出典をまとめたものです。

「企業一覧」のシート
以前は企業一覧のみにあった業種、企業規模、都道府県などの情報も、明細のページに含まれるようになったため、企業一覧は削除し明細に統合しました。(2017年3月27日更新)
「公表企業一覧」(http://www.positive-ryouritsu.jp/positivedb/search_list)から、企業の一覧を収集。
データ収集日時:2016年4月19日 9時
データ件数:4,297件

suffragette-101

「明細」のシート
「詳細検索」(http://www.positive-ryouritsu.jp/positivedb/search_int)から、各企業の詳細を収集。
データ収集日時:2016年4月19日 10時 2017年3月27日 11時(2017年3月27日更新)
データ件数:4,583件 10,666件(2017年3月27日更新)
suffragette-102

Qlik Senseアプリのダウンロード

Qlik Senseのアプリ(qvf形式)はこちらからダウンロードできます。
Zip形式で圧縮してあり、解凍するとqvfファイルが出てきます。
josei-no-katsuyakusuishin.zip 最新版 2017年3月27日
josei-no-katsuyakusuishin-20160421.zip 旧版 2016年4月21日
qvfファイルを、Qlik Sense Desktopにドラッグ&ドロップして開いたり、アプリ用のフォルダにコピーして開いてください。
アプリ用のフォルダのパスは以下のとおりです。
C:\Users\<ユーザー名>\Documents\Qlik\Sense\Apps
suffragette-103


サンプルのチャート

Qlik Senseのアプリの中に、サンプルとして基本的な棒グラフを用意してあります。いくつか例を紹介いたします。
ご注意(2017年3月27日更新)
これ以降に掲載されている画面と数値は、初版公開時のものです。最新版とは値が異なります。

女性社員の割合

まずは「女性社員の割合」と「採用した女性社員の割合」を見てみましょう。
分析しやすいように、Class関数を使用して10%単位で表示しています。
たとえば「0 <= x < 10」は、女性社員の割合が10%未満(0%~10%)であることをあらわしています。
これを見ると、女性社員の割合は10%~20%であることが一番多く、全体の約26%(25.97%)を占めるということが分かります。
右側の採用した女性の割合を見ると、左側のグラフよりも下に寄っており女性比率が高いことが分かります。
これは、現状女性社員の少ない企業が、女性社員の採用を増やしているということでしょう。
suffragette-201

育児休業の取得率

つづいて育児休業の取得率を見てみましょう。
女性の取得率(左側)は多くの企業(約83%)が100%ですが、男性の取得率(右側)は多くの企業(約84%)が10%未満であるということが分かります。
suffragette-202

平均残業時間と有休取得率

こんどは「平均残業時間」と「有休取得率」を見てみましょう。
残業時間はおおむね30時間未満であることが多いようです。有休取得率の方は40%~70%であることが多いようですね。
suffragette-203

女性管理職の割合

さいごに女性管理職の割合を見てみましょう。
左から「係長の割合」「管理職の割合」「役員の割合」です。
※画像が小さい場合は、クリックして拡大してください。

やはり女性の管理職の方は少ないようですが、左側の「女性係長の割合」を見てみてください。
50%以上の数値を足し上げると約10%になります。(4.10% + 3.12% + 2.32% + …)
女性係長が過半数を占める企業も、全体の10%程度はあるということが分かります。

しかし、管理職、役員になるにしたがって女性の比率はさらに少なくなっていきます。
suffragette-204


さらに詳細な分析をしたい場合は…

さらに詳細な分析をしたい場合や、会社名を確認したい場合は、Qlik Senseのアプリに明細のテーブルを入れてありますので、そちらをお使いください。
suffragette-301
たとえば、「競争倍率_女性」で並べ替えると女性に人気の企業が確認できます。
suffragette-302一位の企業は倍率600倍以上ですね。それ以外の企業を見ると、食料品・飲料系が女性に人気のようです。

特定の企業を検索したい場合は、「企業名」の虫眼鏡アイコンをクリックして検索してください。
suffragette-303

もし上級者の方で、自分でロードスクリプトを編集したい場合は、Excelファイルもダウンロードした上で、Excelファイルのパスをご自分の環境に合わせて書き換えてください。
ファイルのパスが正しくないとリロードができません。

メニューから[データロードエディタ]を選択します。
suffragette-304
「自動生成セクション」を選択し、画面右側の[接続を編集]をクリックします。
suffragette-305
以下のパスは、わたしがアプリを作成したときのパスですので、ご自分の環境にあわせて書き換えてください。
suffragette-306


最後に…

前回の記事で取り上げた『市民の社会貢献に関する実態調査』もそうでしたが、最近は内閣府や厚生労働省もさまざまなデータを公開しています。
特に今回使用した「女性の活躍推進企業データベース」は、いままで絶対に公開されなかった情報も多く含まれていて、ここまで公開するのかと正直驚きました。
みなさまも、ぜひいろいろな視点で分析してみてください。

お疲れ様でした。


女性の活躍推進企業データベース | トップ
http://www.positive-ryouritsu.jp/positivedb/

「女性の活躍推進企業データベース」を開設しました |報道発表資料|厚生労働省
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000112889.html
厚生労働省による報道発表です。

女性活躍推進法特集ページ |厚生労働省
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000091025.html
厚生労働省が「女性活躍推進法」について分かりやすくまとめたページです。

女性の活躍「見える化」サイト | 内閣府男女共同参画局
http://www.gender.go.jp/policy/mieruka/company/mierukasite.html
内閣府男女共同参画局のサイトです。
「女性の活躍推進企業データベース」は、もともとは内閣府による調査結果がもとになっているとのことです。
このページには、内閣府による調査の方法や途中経過が掲載されています。